ベビーマッサージにはなぜオイルを使うの?

 

赤ちゃんの敏感なお肌は、何もつけないでマッサージをすると摩擦で赤くなってしまうことがあります。

 

【オイル使用の効果】
 肌への摩擦が少なくなり、リラックス度が高まります。
 保湿効果や新陳代謝を促す効果もあります!赤ちゃんのお肌もすべすべに♪

 

【おすすめオイル】
 赤ちゃんのお肌に優しい「植物オイル」をお勧めしています。
 「ホホバオイル」「スイートアーモンドオイル」「セサミオイル」
 「グレープシードオイル」など。

 

※注意点
・必ずスキンケア用のオイルを使用してください。
・アロマオイルなど香りのあるオイルは大人には効果があっても、

 赤ちゃん&キッズには刺激が強すぎます。
 3歳未満のお子さんには使用しないほうが良いでしょう。

(3歳以降も大人より薄めの香りで!)

 

【入手方法は?】
アロマショップ、インターネット通販などで入手できます。

 

【相性テストについて】

 新しいオイルを使用するときは赤ちゃんのお肌とオイルの相性テストを行ってください。

※お肌にあわないときは使用をやめてくださいね。

 

 <テストの方法>
500円玉ぐらいの大きさのオイルを太ももやひじの内側にぬり、15分ほど時間をおきます。もし赤みや痒みが出たときはオイルの使用を中止してください。

 

※注意点
オイルマッサージ後は代謝が活発になるため、一時的にお肌が少し赤くなることがあります。しばらくすれば治まりますので様子を見てあげてください。
 赤ちゃんの体質や体調によって反応が起きることもありますので、
お肌に合わないときはご使用を控える、オイルを変えてみるなどを試してみてください。

 

★何よりも大切なこと★
オイルの使用は上記のように良い効果がありますので、レッスンでは使用しておりますが強制ではありません。
オイルを使用しなくても触れ合いの効果は十分にあります。