ベビーマッサージってなあに?

 

ベビーマッサージは、マッサージといっても赤ちゃんの肩こりなどを治すものではありません。

 

パパ、ママが赤ちゃんにしてあげるマッサージのことで、

“親子のきずな” を、深めるためのスキンシップのひとつです。

マッサージの基本は、赤ちゃんとの肌の触れ合いです。

 

産後すぐのママでも、自然に赤ちゃんの背中をさすったり、手足をなでてあげたりしていますよね。

 それだけでも、 赤ちゃんはリラックスして安らぎを得ることができますが、ベビーマッサージのやり方や意味を理解することで、

赤ちゃんのこころを育て、夜泣きやぐずり、便秘の解消など、
身体の発達にもたくさんの効果を実感していただけると思います。

 

また、マッサージをつづけていくと、赤ちゃんのことがもっとわかってきます。それが心のゆとりとなり、今よりも育児が楽しいものになるでしょう。

ベビーマッサージは赤ちゃんだけではなく、マッサージをしてあげるママ、パパにもすばらしい効果があるのです。

 

「ベビーマッサージ」という名前ではありますが、
赤ちゃん期間だけのものではありません。
お子さんがいくつになってから始めてもかまいません。

 子どもにとってはいくつになっても親に優しく触れられることは嬉しいことなんです。


 ベビーマッサージで親子のステキな信頼関係を育む第一歩を

はじめてみませんか?